FC2ブログ
2018-08-01(Wed)

腰痛予防はタイミング

 こんにちは、松田歯科です!
ご愛読ありがとうございます。日頃から腰痛に悩まされていませんか。
 腰痛は、重量物を扱う方や、福祉・医療分野で働く方、運転業務に従事される方、立ちっぱなしや座ったままのお仕事の方など、多くの方が抱える悩みとなっています。
 そこで今回は、「職場における腰痛予防対策指針」(出典:厚生労働省)から、腰痛予防体操を行うタイミングについてご紹介します。

○タイミングその1「始業前と作業前」
 ・急性の腰痛は、休日明けの作業開始直後から3~4時間の間に起こりやすいといわれています。始業前にストレッチや準備体操などで、筋肉の活動に備えることが大切です。
 ・また、腰に過度の負担がかかる作業前にも、足の屈伸運動を中心として、体幹部のねん転やストレッチなどを行うようにしましょう。
 ・さらに作業終了時にも、必要に応じて整理体操を行い、緊張した筋肉をほぐすようにしましょう。

○タイミングその2「ご家庭でも」
 腰痛予防には、腹筋、背筋、臀筋等の柔軟性と筋力アップが重要です。職場内はもちろんご家庭でも腰痛予防体操を行うようにしましょう。

 すでに、ラジオ体操を励行している事業所様は多いと思いますが、腰に大きな負担がかかるお仕事の方は、作業前や作業終了時、ご自宅でも体操などを積極的に行い、腰痛予防対策に取り組まれてはいかがでしょうか。

                           協会けんぽ福井支部メールマガジン第140号参照
          松田歯科より定期検診のハガキが届きましたら、ご持参のうえ来院ください。
    ハガキをご持参頂いた方には、粗品を進呈致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おしとだつま

Author:おしとだつま
福井市で歯科医院を開業しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード