FC2ブログ
2019-09-28(Sat)

健康づくり編

 こんにちは、松田歯科です!ご愛読ありがとうございます。
●健康づくり
お月見に団子をお供えするのは、一説によるとお米の収穫を感謝する意味があります。今回のコラムでは、そんなお米についてご紹介します。
●ご飯を食べて健康維持!
新米の美味しい季節がやってきましたので、今回は「ごはん」をテーマにさせていただきます。ごはんには健康的な生活に欠かせない栄養がたくさん含まれているのをご存知ですか?
<ごはん中盛り一杯(約150g)の栄養素>
○カロリー 252kcal(1日の推定エネルギー必要量 2,650kcal ±350kcal)
○タンパク質 3.8g(一日の推奨量 60g)細胞の材料や、酵素の基本成分。牛乳コップ約1/2杯のタンパク質量に相当。
○脂質 0.5g 体脂肪の構成、いざという時のエネルギー源。6枚切り食パン1枚の脂質量と比べると約1/6と低脂質。
○炭水化物 55.7g 体と脳を動かすエネルギー源。じゃが芋約3個分に相当。
○鉄分 0.2mg(一日の推奨量7.5g)体のすみずみに酸素を運ぶ働きがある。ほうれん草の葉1~2枚分に相当。
○カルシウム 5mg(1日の目標量600mg)歯や骨をつくる。さんま1/6尾に相当。
○ビタミンB1 0.03mg(1日の推奨量1.4mg)疲れた体を元気にする働き。キャベツの葉1~2枚分に相当。
○食物繊維 0.5mg(1日の推奨量20mg以上)お腹の調子を良くし、様々な病気を予防する働き。セロリ1/3本分に相当。
『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』より
ごはんには、エネルギーの下である炭水化物を始め、体を作ってくれるたんぱく質や、カルシウム、鉄分、ビタミン、食物繊維等、様々な栄養素が含まれています。
糖質制限という言葉をよく耳にしますがごはんを控えすぎると、甘いおやつが我慢できない、満足できなくなる場合もあり、その結果、かえって太りやすくなることもあります。ユネスコ文化遺産にも登録された「和食」に欠かせないごはんは、健康な暮らしを支えてくれるたくさんの要素があるので、どんなおかずにもあわせやすい主食のごはんを中心に、主催、副菜を組み合わせていただき、おやつやジュース類を控えることで、健康維持につなげていただきたいと思います。<協会けんぽ福井支部メールマガジン 第168号参照>
ニュース&トピックス
受付が新人に交代して半年立ちました。何か気づく事がありましたら院長まで伝言下さい。

松田歯科より定期検診のハガキが届きましたら、ハガキをご持参のうえ来院下さい。歯ブラシを進呈いたします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おしとだつま

Author:おしとだつま
福井市で歯科医院を開業しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード