FC2ブログ
2018-08-29(Wed)

夏の疲れのケア方法とは?

 こんにちは、松田歯科です!ご愛読ありがとうございます。

 早いもので、8月も今週で終わりです。朝夕は涼風が吹き、過ごしやすい日もありますが、予報では9月中旬までは平年より気温の高い日が続くようです。引き続き、夏バテ、食中毒にお気をつけください。夏に疲れた身体をケアして秋を迎えましょう!

○食事
・タンパク質(肉、魚、大豆製品)とビタミン、ミネラル(野菜類、果物)を意識して多く摂りましょう。
・酢やレモン、梅干しなどに含まれるクエン酸に疲労回復効果があります。積極的に摂りましょう。
・口当たりの良い冷たいものばかり食べていることで、胃腸の働きが弱っています。温かい飲み物や料理を摂るようにしましょう。

○休養
・紫外線のダメージを沢山受けている夏の肌の疲れは、温めることが大切です。38~40度のぬるめのお湯にゆっくり入ることが効果的です。
・お風呂は筋肉が重力から解放されるためのびのびとし、関節の周りの筋肉も緊張から解放されるので痛みなども和らぎます。お試しください。
・ゆっくり眠ることができるよう環境を整え、質の良い睡眠を心がけましょう。

○運動
・秋は運動を開始するいい時期です、気分転換も兼ねて軽い運動を始めてみませんか?

○お口のケアー
・ブラッシングをしていますか?夏の暑さに歯ぐきも腫れやすく、軟弱になっています。毎食後のブラッシングを心掛けましょう。
 

協会けんぽ福井支部メールマガジン第142号参照
松田歯科より定期検診のハガキが届きましたら、ご持参のうえ来院ください。
ハガキをご持参頂いた方には、粗品を進呈致します。

2018-08-01(Wed)

腰痛予防はタイミング

 こんにちは、松田歯科です!
ご愛読ありがとうございます。日頃から腰痛に悩まされていませんか。
 腰痛は、重量物を扱う方や、福祉・医療分野で働く方、運転業務に従事される方、立ちっぱなしや座ったままのお仕事の方など、多くの方が抱える悩みとなっています。
 そこで今回は、「職場における腰痛予防対策指針」(出典:厚生労働省)から、腰痛予防体操を行うタイミングについてご紹介します。

○タイミングその1「始業前と作業前」
 ・急性の腰痛は、休日明けの作業開始直後から3~4時間の間に起こりやすいといわれています。始業前にストレッチや準備体操などで、筋肉の活動に備えることが大切です。
 ・また、腰に過度の負担がかかる作業前にも、足の屈伸運動を中心として、体幹部のねん転やストレッチなどを行うようにしましょう。
 ・さらに作業終了時にも、必要に応じて整理体操を行い、緊張した筋肉をほぐすようにしましょう。

○タイミングその2「ご家庭でも」
 腰痛予防には、腹筋、背筋、臀筋等の柔軟性と筋力アップが重要です。職場内はもちろんご家庭でも腰痛予防体操を行うようにしましょう。

 すでに、ラジオ体操を励行している事業所様は多いと思いますが、腰に大きな負担がかかるお仕事の方は、作業前や作業終了時、ご自宅でも体操などを積極的に行い、腰痛予防対策に取り組まれてはいかがでしょうか。

                           協会けんぽ福井支部メールマガジン第140号参照
          松田歯科より定期検診のハガキが届きましたら、ご持参のうえ来院ください。
    ハガキをご持参頂いた方には、粗品を進呈致します。
2018-06-30(Sat)

脱水のサインとは?

 こんにちは、松田歯科です♪
まもなく7月。気温も湿度も高く、脱水症や熱中症が心配な季節ですね。今回は、脱水についてのお話です。

 みなさんは、体重減少が脱水のサインになることをご存知ですか?
成人では体重の60%を水分が占めており、1%減少したあたりから脱水症状が始まっています。1日で体重が2%以上減少している場合はご注意を!ご自身の体重では何kg減少すると、水分喪失が2%以上になるか確かめてみましょう!
(スポーツ・農作業・お仕事など汗を多くかく場合は、活動前後での体重減少も見ましょう)


☆水分喪失量が2%(体重が50㎏の人で1㎏減少)
 ・喉の渇きを感じる
 ・作業、運動能力の低下が始まる

☆水分喪失量が3%(体重が50㎏の人で1.5㎏減少)
 ・強い喉の渇きを感じる
 ・ぼんやりする
 ・食欲不振等

☆水分喪失量が4~5%(体重が50㎏の人で2~2.5㎏減少)
 ・疲労感や頭痛、めまい

 特に、寝ている間は水分摂取が難しいので、寝ている間の脱水症が心配です。寝る前、起床後すぐにも意識して水分を摂りたいものです。こまめに水分を摂り、元気に夏を乗り越えましょう!

          協会けんぽ福井支部メールマガジン第138号参照

松田歯科より定期検診のハガキが届きましたら、ご持参のうえ来院ください。
    ハガキをご持参頂いた方には、粗品を進呈致します。
2018-06-02(Sat)

県民の歯を守る週間

 こんにちは、松田歯科です!
 6月4日~10日は「県民の歯を守る週間」です。これにちなみ、福井県歯科医師会等主催のイベントが、県内8会場で開催されます。歯とお口の健康の大切さを楽しく学べるイベントですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。福井会場は、6月3日(日)エルパ2階エルパホールです。
 毎年健康診断を受けている方は多いと思いますが、歯科健診はどうでしょうか?協会けんぽ福井支部加入者の歯科医療費は、全国で2番目に低い一方で、3割の方が進行した歯周病になっているというデータがあります。このデータから推測できるのは、健康だから医療機関を受診していないというよりも、症状が悪化するまで放置している方が多いということです。お口の健康は、虫歯だけでなく歯周病等の予防が重要です。6月の「県民の歯を守る週間」を良い機会と捉え、ご自身の歯の健康について関心を持ってみませんか?

             協会けんぽ福井支部メールマガジン第136号参照

  松田歯科より定期検診のハガキが届きましたら、ご持参のうえ来院ください。
    ハガキをご持参頂いた方には、粗品を進呈致します。
2018-04-28(Sat)

体調管理の励行

 こんにちは、松田歯科です!
 今週末から大型連休が始まります。お出かけの予定がある方、特に車の運転をされる方は十分に気をつけて、良い休日をお過ごしください。 そして、連休中もお仕事の方、本当にお疲れさまです。体調を崩さないよう、しっかり休息をとって体を労わってください。
 さて、この春、新しいスタートを切られた方も多いのではないでしょうか。新入社員の方を見ると微笑ましい気持ちになりますね。健康診断の問診に「20歳の時の体重から10㎏以上増加していますか」という項目があるのをご存知ですか?これは、若い頃から体重の変化のない人に比べると、体重増加によって、糖尿病などの生活習慣病などの発症危険度が高まるからです。
 肥満度を示す指標として、BMIがあります。現在の体重(㎏)を身長(m)の2乗で割ったものです。BMIが18.5未満または25以上の方、25未満の普通体重でも以前よりも増加気味の方は、生活習慣を見直してみませんか。

協会けんぽ福井支部メールマガジン第134号参照

  松田歯科より定期検診のハガキが届きましたら、ご持参のうえ来院ください。
    ハガキをご持参頂いた方には、粗品を進呈致します。
プロフィール

おしとだつま

Author:おしとだつま
福井市で歯科医院を開業しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード